豪雨被災地に野球ボールを!

昨年の熊本地震に続き、今年も九州の少年たちが野球を奪われかねない危機に直面しています。

2017年 九州北部豪雨

ある学者さんが「雨災害としては東日本大震災クラスの甚大さ」とおっしゃっていましたが、
10日までに福岡・大分両県で死者25人。まさに気象史に残る大災害となってしまいました。

九州の野球界に生かされ、競技人口のさらなる拡大、そして普及をライフワークとしている僕としても、この状況を黙って見過ごすわけにはいかず、昨年の熊本地震に続いて募金活動を行ない、被害の大きかった地域に支援を届けることを決意しました。

昨年の熊本地震後に行なった活動では、日本中から善意・ご協力をたまわり、
224,542円が集まりました。
これで軟式球(B、C号)を地元スポーツ店で購入し、
地震によって甚大な被害を受けた益城町内の小中学校5チームに、均等分配させていただいくことができました。

今回も寄せられた義援金をボール購入費用に充て、もっとも被害の大きかった地域の野球連盟(小中学校チーム)にお届けしたいと考えております。

なお、義援金の受付期間は8月いっぱいとさせていただきます。
賛同いただけましたら電話やSNSなどを通じて僕まで直接問い合わせていただくか、以下の口座までご入金ください。

振込先は以下のとおりです。

豊和銀行 竹田支店
普通預金 1115900
九州野球支援の会 セットアッパー

皆様から寄せられた善意は、責任をもって被災地にお届けさせていただきます。
また、途中経過や活動報告も昨年と同様、逐一このブログ内でお知らせさせていただきます。

みなさまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

「九州野球支援の会 セットアッパー」代表 加来慶祐