清正公が鎮座する街

熊本に来ると数回に一度の割合で訪れるのが本妙寺。 秀吉子飼いの猛将で、九州第3の政令指定都市となる大都市・熊本の礎を築いた加藤清正を祀る、日蓮宗の六条門流九州総導師。 なによりも「せいしょこさん」の愛称(熊本の人々にとっては尊称に近い)で親しまれている清正と清正公信仰の聖地ともいうべき場所であることから、熊本城と並んで市民や県民の「魂の拠りどころ」といっても過言ではない場所(とタ…

続きを読む

2018 中九州高校野球フェスティバル注目選手紹介

いよいよ明日から「2018 中九州高校野球フェスティバル」が始まります。 今回はその第2回フェスに出場予定の注目選手を紹介します。 観戦のおともにぜひご一読いただければ。 ●大関光(西日本短大付) 投手 190㎝を超える大型右腕。高角度でリリースされる直球は140キロ超を計測。圧倒的なフィジカルの強さを活かした力感あふれるパワー投球はもちろん、パンチ力を秘めた打撃にも光るものあ…

続きを読む

速報! 中九州高校野球フェスティバル対戦カード発表

組み合わせ確定! 5月3~5日に大分県竹田市、豊後大野市をメイン会場に開催される「2018 中九州高校野球フェスティバル」の対戦カードが主催の竹田高校、三重総合高校より発表されましたので告知いたします。 2回目の開催となる今年は昨年を上回る16校17チームが参加。 今年から津久見市民球場、日本文理大付グラウンドも会場に加わり、より広く、多くの人に野球の魅力をお伝えすることができます…

続きを読む

えひめ備忘録 Part1

6年ぶりの四国上陸である。 ただし愛媛県の訪問となると、前回のことは2007年10月にまで遡らねばならない。 この時は西条市で行なわれた女子ソフトボールの1部リーグを取材した。2007年10月ということは、ちょうど10年前の出来事になる。 海を隔てているとはいえ、我が大分の隣県にありながら、ずいぶんとご無沙汰したものである。 こんなことがあった。 10年前の10月。それは自分に…

続きを読む

国体高校野球について思うこと

国体の高校野球に触れるたびに思うことがあります。 天皇杯・皇后杯の「ポイント圏外」にあたる特別競技の国民体育大会・高等学校野球競技は、果たして本当に必要なのかどうか。 たしかに話題性や集客力という点も含めて、郷土スポーツの象徴ともいえる高校野球は大会に必要なのかもしれない。 ただ、ご存知のように高校野球は各チームとも翌春のセンバツ出場を賭けての秋季大会を戦っている最中だけに、引退し…

続きを読む